妊活してる時は葉酸サプリを摂りたいです

妊活してる時は葉酸サプリを摂りたいです

真剣に今目指していることといえば、妊活です。

 

健康的な赤ちゃんを授かるというのが最大の目標であるのですが、妊活をするにあたり、一番意識していることは葉酸サプリをノン無ということです。

 

妊娠がいざ分かって発覚したり、お腹が大きくなり始めてから葉酸が必要だとわかっても、すでに妊娠してから数ヶ月が経過しているなんてことがあります。

 

神経管閉鎖障害を防いで二分脊椎症などの先天異常のリスクを減らしたり、妊娠中の悪性貧血を予防するにあたっては、葉酸はとても大切な栄養素です。

 

葉酸は妊娠してまだ間もないころから、多くの量を非常と必要とするので葉酸を400マイクログラム摂取することが推奨されています。

 

ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含有されている葉酸ですが、水溶性なので加熱によって壊れやすく、水に流れてしまいやすいので茹でる調理や煮込む調理などをすると、かなり含有量が低下してしまうものです。

 

さらに、野菜などで葉酸を摂ろうとしても、消化して体内に吸収される割合は実はあまり高く有りません。

 

意識して葉酸を多く含む食材を食べるストレスや手間と、実際に体内で活かせる葉酸の量をてんびんに掛けると、サプリを選択する方が確実ですし効率も抜群です。

 

葉酸は妊娠して間もない、初期のうちから必要量が増えますし、健康な胎児の成長を期待するためにもぜひ妊娠前の妊活中の時期から葉酸サプリを飲んでおくと安心です。

葉酸サプリから期待できる効果とは

 

妊娠をするために、また妊娠中に欠かすことができない栄養素として大きく注目を集めているのが葉酸です。

 

効率的に摂取するために厚生労働省からも葉酸サプリの摂取が推奨されているほどで、葉酸は女性にとってとても大切なものですが、元々葉酸というのはビタミンB群の中の一種で代謝にとても関わりが深い栄養です。

 

葉酸というのは細胞の生成や再生を手助けし、発育を促進してくれる働きをします。

 

新しい細胞を作り出していくために必要となる栄養素なので、女性の妊娠にとって重要な働きをしてくれると摂取がすすめられているのです。

 

ですから2002年から母子手帳にも葉酸の大切さが記載されていて積極的に取り入れていくことを推奨されています。

 

もし妊娠期間に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が順調に行われなくなってしまい、先天性の疾患を招いてしまう危険性が高くなってしまいます。

 

また出産後にも授乳期には赤ちゃんが母体から摂取することになる葉酸の量が少ないと、発育の遅れが出てしまうことも指摘されています。

 

葉酸を過剰摂取してしまっても水溶性のビタミンのため、尿として排出されるので疾患の確認はされていません。

 

あまり敏感になることなく積極的に葉酸サプリを摂取していってください。