葉酸サプリは妊娠前から

葉酸サプリは妊娠前から

葉酸は妊娠中に胎児の成長のために必要な栄養素として有名で、今では様々な葉酸サプリが販売されているので妊娠したら飲むことが一般的になっているでしょうか。

 

しかし葉酸を摂る期間は、妊娠初期が一番肝心です。

 

なかでも受精後1?2週間後にはすでに胎児の中枢神経が出来るとされており、妊娠超初期と言われているこの時期にこそ大切な栄養素ですが、実際この超初期に妊娠に気付くことは例え医師でも不可能です。

 

そのため本当は妊娠を望んでいる女性は妊娠する前から葉酸サプリを飲んでいくことが理想的です。

 

妊娠中に必要な葉酸は0.4mg必要とされています。

 

そして限が1mgとされているので、葉酸サプリには0.4?0.8mg配合されているものが多いです。

 

また葉酸だけをとっていれば良いというものではなく、葉酸も他のビタミン、ミネラルと一緒に働くものなので、葉酸サプリにビタミン、ミネラルが含まれているものもあります。

 

特に妊娠初期はつわりで栄養バランスが崩れがちな時期でもあるので、葉酸単独のサプリよりも、ビタミンなどを含むサプリを服用するのも良いかもしれません。

 

妊活をしている方、妊娠する可能性のある方は、ぜひ妊娠前から自分に合った葉酸サプリを利用することをお勧めします。

効率良く葉酸を摂取できる葉酸サプリ

妊娠を計画している女性や妊娠中の女性にとって、1日に必要な葉酸の推奨量は400μgとされています。

特に妊娠初期には、神経管閉鎖障害という先天異常のリスクがあるため、厚生労働省においても必須栄養素として1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

葉酸は、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜の他、レバーや豆類といった食材に含まれている栄養素です。

しかし、食材のみでこの推奨量を摂取し続けるのはなかなか大変です。

例えば、ほうれん草で1日400μgを摂取しようとすると、7束を食べる必要があります。

さらに葉酸は、水や熱、光に弱いといった特徴があるため、なかなか十分な葉酸を摂取することが難しいです調理法にも気を配る必要があります。

それを毎日続けるとなると、なかなか難しいものがあります。

食材のみで葉酸を摂取しようとすると、どうしても不足しがちになってしまいます。

そういった時に便利なのが葉酸サプリです。

錠状タイプになっているものが多く、手軽に効率よく必要な量を摂取できます。

1日に決まった数量を飲むだけで葉酸をしっかり摂取できるので安心です。

最近では、飲みやすい工夫がなされたサプリメントも数多く登場していますので、妊娠中のつわりの時期でも飲み続けられます。